Follow @theater_angelus


劇団アンゲルス ロシア・イルクーツク公演決定!
上演作品「Hero OKICHI」Newバージョン2017

〈バンピーロフ記念国際現代演劇祭 参加作品〉ロシア公演 9/20〜9/28。
Participate in international Theater Festival of Modern dramaturgy named after A. Vampilov (since 15th till 27th of Sep. in Irkutsk)


▼金沢プレ公演
9/15 19:30~
9/16 15:00~|19:30~
9/17 15:00~|19:30~
※開場30分前 会場 スタジオ犀(長土塀3-24-28)
料金 一般\2500|学生\1500
※当日は\500増し


「19世紀末、近代世界は新しい幸福を求めて大きく動き出した。
競争に打ち勝ったものだけが冨を手に入れ幸せになるのだ。男たちが意気揚々と戦いに出て行く。
女たち、子供や老人たちは‥‥役に立たない。男たちは役に立たないものたちをも戦いに駆り立てる。
“お国の為 に!” 役に立った女たちは “Hero” にされ賞賛される。
国民の英雄は、皆 “男性” なのだ――豊かな国家を作るのは、経済第一を掲げる男たち。
女は深い恨みを積み重ね “鬼” と成る‥‥怒りと悲しみが女のひたいに瘤を作る‥‥お吉が見ている。」

In late 19th century, the modern world started to change drastically. In this new era, whoever overpowers the battle gets all the wealth. Men vigorously march to the battle field. Women, children and elders are...well...useless.
However, Men even encourage those of who are useless to participate to the battle IN THE NAME OF THE NATION.
Women who happen to be useful are set up to be a HERO by men who put wealth ahead of anything.
Women who piles up deep anger finally become a DEMON...anger and sorrow create a lump on her forehead...
...SEE, OKICHI IS LOOKING
Naomichi Okai




◆Script and production
Naomichi OKAI

◆Translation
Shigekazu KUSUNE

◆Reference
Yuzo YAMAMOTO“女人哀詞”/Bertolt BRECHT/Hans Peter Neureuterw

◆キャスト
下條世津子
本庄亮
森田采希子
田中祐吉

◆ダンス
LAVIT

◆ギター演奏
垣田堂

◆演出助手
木林純太郎
古林絵美

◆照明
長井佑樹

◆衣装
知名あやね

◆映像
上坂拓矢

◆フライヤーデザイン
三好冬悟

八田暢仙 書
日露青年交流センター短期派遣事業
後援:石川日露協会


チケット・ご連絡はtheaterangelus@gmail.comまで!







2017年の活動▼▼▼

1月15日「怪談」依頼公演@問屋まちスタジオ

2月5日「朗読会」参加@メロメロポッチ

2月24日「アンゲルス映写会」かなざわ演劇祭2017.Feb助賛企画@スタジオ犀

4月1.2「詩の朗読会vol.3金沢駅に侏羅紀の恐竜を見た」@スタジオ犀

4月29日「劇団ひまわり発表会」@スタジオ犀

5月「韓国留学」@劇団DOMO

5月28日「駆け引き」@楽市楽座公演 幕間劇 石浦神社

6月4日「朱鷺の墓」@野田山墓地内 ロシア人墓地

7月30日「犀川ゆかりの詩人たち」依頼朗読@北國新聞会館17階172会議室

9月「HeroOKICHI」@ロシアイルクーツク公演

10月「An企画2017」@スタジオ犀 YUCK DANCE STUDIO

10月「奥能登国際芸術祭2017」参加@上黒丸

11月「宮沢賢治」依頼公演@泉野図書館

 「三文オペラ」上演